Count per Day
  • 602018/4/15からの閲覧数:

181012目に止まりやすいのは所作仕草

月刊消防 2018/10/1

ペンネーム ウルトラマン

ある病院掲示板は、「応援する声」という題名で、広くスペースが確保されている。

掲示板前には机と用紙があり、来院した誰もが自由に記載できるようになっている。掲示板には様々な利用者声や質問が掲載されていて、それに病院職員が回答する形で掲示されている。ようなもがあるか気になったで読んでみた。半分は病院に対するお礼や応援言葉だ。医療過疎で苦しい病院を応援する言葉。深夜受診にも関わらず懇切丁寧に対応してくださったことによるお礼・・・。病院は愛されているんだなあとしばらく見入ってしまった。しかし、病院にとって良いことも書いてあれば、悪いことも当然投函されるが掲示板。残り半分は苦情文面である。そ文面をみて、同じ医療を担う私はとても勉強になったで紹介したい。

まず一つ目「看護師さんが忙しそうで話しかけることができなかった。」

これはよくある話かなあと思った。少ない人数で駆け回る看護師さん。無視しようとしているわけはないだろうけど、話しかけにくい雰囲気になってしまうことは十分に理解できる。さて、私たち救急隊はどうだろう。病院連絡中や、傷病者は担架で移送している最中に話しかけられたら、適当に返事をして聞き流してしまうかもしれない。ゆっくりゆっくり思い出しながら説明するお年寄り話を遮って、今駆けつけたという子供夫婦に耳を傾けてしまうかもしれないなあ・・・。

そして二つ目「ある検査承諾サイン。

先生名前なんでしょうけど何が書いてあるか読めないほど汚い字。なんだか不安になりました。」そんなところまで見ているか。私も決して字が綺麗な方とは言えない。搬送先医師に、もうちょっと丁寧に書けない?と叱られたこともある。救急車中という狭い空間で書く観察記録表だから、きっと家族はどんなこと書いているかな?と覗き込んでいることだろう。よし、今度は丁寧に書くことを心がけよう。

三つ目「検査結果を聞いたんですが、早口でよくわからない。」

これも私にとっては耳が痛い。私が自覚している弱点一つだ。どうやったら早口が治るだろう。誰か教えて欲しい。

こうやって投書された意見を眺めていると、あることに気がついた。

実質的に医療に関わるところは記載されていない。例えば、採血で何回も針を刺されたとか、駆血帯を強く巻きすぎとか。CTやレントゲン検査結果が遅いなんてこともないし、清潔操作がなってないなんて類もない。患者側から見れば、私たちが行なっている医療はよくわからないもだろうから当然と言えば当然か。医療質や改善は、当然医療中で行われるべきもだから、患者側から意見として寄せられるもではないかもしれない。救急隊視点で考えると、静脈路確保や気管挿管良し悪しよりも、傷病者や家族目に止まりやすいは所作仕草。テキパキとした動き、はっきりした指示命令、適切な応対ということか。

一つ目質問「看護師さんが忙しそうで話しかけることができなかった。」回答。

「心行き届かず申し訳ありません。看護師さんは、あなたお子さんために一生懸命頑張っています。サンタクロースで例えるならば、サンタクロースがお医者さんで、トナカイが看護師です。忙しいトナカイよりも、暇そうなサンタに聞いたほうが、きっと返事が早いですよ。」病院事務局もまた、面白い。

 期間限定 ポイント10倍中!ビジネスバッグ公式通販【TRANSIC】

【キャンペーン実施中】349ドルのお買上げで送料無料

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする