Count per Day
  • 2962018/4/15からの閲覧数:

私が帽子を脱がない理由

ペンネーム ウルトラマン

 私は彼に、腕立て伏せ40回を命じたところだ。

消防車前で大きな声で回数を数えながら必死に腕立てをする彼は、私所属する救急隊隊員だ。屋外にも関わらず帽子をかぶらず歩いているを、よりによって私に見られてしまっただ。私は常日頃から、救急隊が仕事中に帽子を脱ぐ時は、2つしかないと言って聞かせている。
 読者諸兄も御存知なように、消防吏員というは服装に非常に気を使う。ボタン一つ、ファスナー開け閉め一つ、汚れにいたるまで徹底的に気を使う。屋外に出る時は帽子をかぶる。救急車に乗って公道を走る時だけではない。消防署玄関を出ればそこはもう屋外だ。帽子は制服一つである。一般的な社会人だと信じられないらしいが、市民方と会話をするときでも、屋外であれば消防吏員は帽子を脱がない。
 「救急隊が帽子を脱ぐ時はいつだ!!」腕立てを終えた彼は、厳正かつ端正な基本姿勢で答える。「一つ、救急現場で帽子を傷病者日よけとして使う時!」そう。一つ目は、日差しから傷病者を守る時には脱いでも良いと教えている。救急隊活動は、屋外から屋内へ、屋内から屋外へという活動が必ず発生するため、日差しや雨から傷病者を守らなければならないことが多い。通常は、家族に傘を持ってもらったり、救急観察用バインダーで傷病者顔を覆ったりするだが、手元に何もない時は、自分被っている帽子を使用して良いと教えている。そ瞬間、帽子は私たち制服一部から救急資機材へと変化する。
———

 そして今、私は二つ目帽子を脱ぐ場面に遭遇しようとしている。

もう病院に到着して30分は経つだろうか。傷病者は点滴に繋がれて、口元には気管挿管チューブが見える。腕立てをした救急隊員彼が一生懸命に胸骨圧迫を実施しているが、蘇生に反応しそうな兆しは全く見られない。「助けてやってください・・・。」そ声は非常に微かで、きっと私以外隊員には聞こえていないだろう。両手を合わせ、念仏を唱えるように語りかけてくるは傷病者妻だ。せめて心拍再開だけでも・・・。救急室には、胸骨圧迫を数える声だけが響いている。「手を止めてください。」無情にも救急医が宣言する。そ意味を知っている私たちは、汗を拭うこともなく、そまま救急室隅へ静かに下がる。
 妻が出勤する時、台所で新聞を読んでいた夫は、いつもように「今日は早く帰れる?」という台詞で送り出してくれたそうだ。妻が家に帰った時、夫はすでに冷たくなっていた。私たちが観察時にはまだ温かったから、そう時間は経っていなかったと言える。あと数分早く現場に到着していたら、せめて心拍は再開していたかもしれない。資機材配置がもっと右だったら、アドレナリンは10秒早く投与できていたかもしれない。そんなことが走馬灯ように私たち救急隊員頭によぎる。
 死亡宣告瞬間、すでに私たち頭に帽子はない。概ね45度傾けた上半身と右手に強く握られた帽子。私たちは最敬礼をすることで、傷病者と家族に少しだけ頭を近づ
けるという行動をとる。そ少しだけ近づけた頭で、傷病者想い、家族無念さ、悲しみ声を感じ取るだ。せっかく頭で受け取った想いを決して逃がしてはいけない。私たちは死亡宣告が終わると、頭に蓋をするように帽子をかぶった。こ帽子下には、これまでに蓄積してきたたくさん想いが詰まっている。だから私たち消防吏員は、想いを決して逃がしてしまわないように、屋外で帽子を脱ぐことができないである。

LECオンラインショップ(E学習センター)

【ストアカ】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする