230515雑誌「健康教室」特集「救急処置のヒヤリ・ハットに専門家がアドバイス!」事例3 テニスボールが目を直撃 ●奈良あゆみ

 
  • 119読まれた回数:
救急の周辺

 雑誌 健康教室 2022年9月号

特集
救急処置のヒヤリ・ハットに専門家がアドバイス!
事例1 給食後にドッジボールをしたら… ●山口県在住 元養護教諭
事例2 体育大会の練習で女子生徒が口腔内を損傷 ●川原由理子
事例3 テニスボールが目を直撃 ●奈良あゆみ
事例4 げんこつで殴られ目を強打 ●横溝玲子
事例5 生徒が意識を消失 ●高等学校養護教諭
事例6 気管カニューレが抜去し呼吸困難に ●中国地方 特別支援学校 養護教諭
解説 「ヒヤリ・ハット」事例に学ぶ〜M-SHELL理論で振り返ってみよう〜 ●大沼久美子
解説 養護教諭へのヒヤリ・ハットへのアドバイス ●玉川進 

 

事例3

目の打撲

 

目次

症例の概要

・中学3年

・目に軟式テニスのホールが当たった

・「どうして学校から病院に連れて行ってくれないのか」とクレーム

 

1.アドバイス

 

1)経過を観察しましょう

 

2.遅発性網膜剥離に注意

 

網膜剥離については応急処置アップデート Q and A 2022年xx月号で触れていますのでそちらをご覧ください。

 

3.こんなことがありました

 

中学3年生の男子。体育館でドッジボールをしていたところ左目にボールが直撃。受傷部位に腫れなどの見た目の変化はありませんでしたが、痛みがあり、ものが二重に見えるという症状があったため、救急車で総合病院に搬送しました。保護者とは病院で合流しました。医師からは「網膜剥離もあるかもしれない」と言われましたが、詳しく検査をしてみると特に異常はありませんでした。痛みも徐々に引いていき、ほかに具合の悪いところもなかったため、そのまま保護者と帰宅しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました