231203最新救急事情(238)ようやくコロナとの戦いが終わる

 
  • 97読まれた回数:
最新救急事情

月刊消防 2023/03/01号 p78-9

あなたのおかげです。ありがとうございました。

最新事情

目次

はじめに

2019年に中国で始まった新型コロナウイルス感染症。この原稿掲載される頃には春からの感染症区分の変更決まり、マスク着用も徐々に解除されてきているはずだ。一方、中国では3年間続いたゼロコロナ政策突然破棄され、日本をはじめとした西側諸国では中国人の受け入れを制限している。


現在の新型コロナ


今は風邪を引くとまず間違いなく新型コロナである。症状で共通しているのは上気道症状で、それに発熱付いてくる。匂いわからない、味わからないといった神経症状出れば、検査しなくても新型コロナとわかる。私もお正月休みに軽度の発熱と風邪症状ったので、多分新型コロナ感染したのだと思う(正月だったので検査も受診もしていない)。


ワクチン接種済みの場合、発熱は39度くらいまで上る患は少数で、多くは38度行くか行かないかくらいで2日くらいで平熱に戻る。その代わり咳や痰は1週間経っても続く、というの自分を診ていての印象である。咳や痰長く続くのは新型コロナイルスもともと持っていた、肺炎を起こす性質によるものだろう。患からは症状は「普通の風邪より上でインフルエンザ未満」と聞くし、経験したものもその通りと思う。

治療薬については、塩野義から軽症用の薬「コソーバ」出ている、私は処方したことはない。妊婦には使えないというのはすなわち若い女性には使えないということだし、飲み合わせ禁忌多過ぎて高齢にも使えないし、何より出たばかりの新薬を試さなくても解熱剤、さらに必要なら普通の風邪薬を加えれば対処できるからである。患には「熱冷まし飲んで寝ていなさい」と言っている。


アメリカでは扱い小さくなった

去年まではアメリカ疾病予防管理センターCDCのホームページを見ても、アメリカ国立図書館Pubmedのページを見ても新型ロナの扱いはものすごく小さくなっている。CDCでは以前はコロナ一色であった。今でも新型コロナ一番上に書かれている、その次はインフルエンザ、RSウイルス感染症となっている。Pubmedではずっと下の方に文字並んであるだけだ。


中国の動向

中国ではコロナ発生以来ずっと続いていたゼロコロナ政策2022年12月7日に突然破棄され、その後一説には毎日1000万人感染しているとも言われている1)。


西側各国では中国人に対して入国制限を始めた。CDC2022年12月28日に発表した入国制限のアナウンス2)を読むと、制限の目的は感染を国内に入れないようにすることよりも、中国で発生したかもしれない新たな変異株を国内に入れないこと主目的のようである。中国では大量の患発生しているにも関わらず、検査や症例報告激減しており、さらに西側諸国とのウイルスゲノム配列データの共有もなされていない。懸念される新しい亜種の出あった場合にその特定遅れる危険性あるので、人の流れを抑えにかかっている。さらにアメリカ国内の7つの空港では、特定のフライトで到着した旅行から鼻粘膜ぬぐい液を採取し、新型コロナウイルス発見された場合には全例に遺伝子解析を行なって亜種の発生を特定するとしている。


ワクチン必要な人たち

国は今もワクチン接種を推奨している、私も5回接種したし、またこれだけ感染出ると、ワクチンはもう止めて自然免疫で大丈夫なような気もする。ワクチンについての論文も見てみよう。


新型コロナワクチンは当初は感染を防ぐと言われていた、現在では重症化を防ぐとされている。実際にワクチンを複数回接種していても再感染したという話も聞く。イタリアからの報告3)では、3回のワクチン接種で再感染リスクは有意に低下するとしている。これは、ワクチンの効果に加えて自然免疫備わるためとしている。

また、新型コロナ感染ん患の死亡率を引き上げることわかっている。高齢、男性、ヒスパニック、白血病、リンパ腫、骨髄腫で死亡リスクを押し上げる4)。このことから、ハイリスクの患に対してはこれからもワクチン接種は続けられるだろう。

アメリカでは人種間で接種率大きく異なり、公衆衛生上の問題となっている。青少年に対して、ワクチン接種率人種によって異なるか調べた研究5)では、アジア系群を抜いて接種率高かった。その後にヒスパニック系・ラテン系と続く。白人のワクチン接種率は最低レベルであった。なぜ白人で接種率低いかは書いていない。


オミクロン対応ワクチン

現在のワクチンは二価ワクチン使われている。二価とは、オミクロン以前の抗原とオミクロンBA4/BA5の抗原の二つを含んでいることを示している。2022年9月から11月の間で採取された36万検体を対象とした検討6)では、一価ワクチンの接種から時間経っている人ほど二価ワクチンの効果高くなることわかった。


65歳以上の免疫不全患において、オミクロン株対応の二価ワクチンは、それ以前の一価ワクチンと比較して、新型コロナ感染による入院を73%減少させた7)。

ファイザーとモデルナから出ているmRNAワクチンはターゲットとなる抗原を作り変えるの容易であるという利点ある。新型ロナの変異さらに進んでも適切なワクチン出てくるだろう。


インフルエンザワクチンも忘れずに

インフルエンザとの同時感染のレポートも出ている8)。2021-22年のインフルエンザ感染期に、入院中の小児インフルエンザの6%新型コロナ感染していた。重複感染はインフルエンザ単独感染の患に比べて呼吸器サポートを必要とする割合高かった。またインフルエンザ関連死亡例では、16%新型コロナに感染していた。重複感染のうち、インフルエンザワクチンを接種していた患はいなかった。インフルエンザワクチンの重要性を示した結果である



文献
1)https://news.yahoo.co.jp/articles/6b49c32448dbf2df38514ce986d428646e464008
2)CDC press release 2022/12/28
3)Viruses 2022 Nov 30;14(12):2688
4)CDC Morbidity and mortality weekly report, 2022/12/16
5)CDC Morbidity and mortality weekly report, 2023/1/6
6)CDC Morbidity and mortality weekly report, 2022/12/2
7)CDC Morbidity and mortality weekly report, 2022/12/30
8)CDC Morbidity and mortality weekly report, 2022/12/16

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました