Count per Day
  • 52018/4/15からの閲覧数:

190830書評(122)★★★★★うつ病九段

月刊消防2019年8月1日号 p40
モアイソング

7)書名 うつ病九段
8)著者 先崎 学
9)発行所 文藝春秋
10)値段 1,250円(税別)
11)星5点満点 :★★★★★5点
うつ病と聞いて、みなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?心の病気であることは理解しているのですが、検査値で示されるものではないので、自分あるいは他の人がうつ病なのか判断は難しく感じます。本書は、プロ棋士の先崎さんを突然襲ったうつ病の、発症してから1年間のつらい闘病生活の詳細が書かれています。うつ病は朝が一番辛く、ベッドから起きるのに体が重く感じ30分かかることもあり、やっとの思いで起きても、体を動かすことが出来ず、頭の中は人間が考える一番暗い「死のイメージ」が駆け巡り、人を死に追いやる恐ろしい病気。病気の程度には個人差があると思いますが、正直これほど厳しい病気とは知りませんでした。うつ病について知りたい方には、一読してみてはいかがでしょうか。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする