Count per Day
  • 142018/4/15からの閲覧数:

100704災害現場でのトリアージと応急処置

OPSホーム>書評目次>100704災害現場でのトリアージと応急処置

災害現場でのトリアージと応急処置

著者 山崎達枝

発行者 株式会社日本看護協会出版会

値段 ¥2,200(税別)

星5点満点 :★★★3点

最近、マスコミ報道で取り上げられる事が多くなった「トリアージ」。多数傷病者が発生した災害現場、限られたマンパワー・医療資源を活用し、いかに効率よく傷病者を助けるか?

本書は、看護師向けにトリアージの基本が書かれています。災害現場でのトリアージ、模擬訓練、応急処置の3章で構成されています。用語の解説から観察法、タッグの記載方法など、基本的な活動が記載されており、災害発生現場に出向くことが少ない看護師の方にも、わかりやすい内容になっています。

この本にはDVDも収録されており、映像を見ながらの勉強会などでの活用も出来るかと思います。これから医療関係機関と合同のトリアージ訓練を企画されている方、入門書として読んでみてはいかがでしょうか?

———————————

この本は「消防職員のためのトリアージ」の「参考図書」でも述べています

1)山崎達枝:災害現場でのトリアージと応急処置。日本看護協会出版会、東京、2009。¥2200

発行の意図不明。著者が看護師で出版が日本看護協会だから災害看護の本かと思ったら一般的なトリアージと応急処置の本でした。トリアージの患者カード(ここでは練習問題)が全体の1/2強を占めており、トリアージの記述は他で読んだことのある内容を箇条書きにしたものがほとんど。応急処置はJPTECそのままに140ページ中10ページのみ、添付のDVDからキャプチャーした、画質が粗く要点のぼけた写真しか載っていません。

DVDではパワーポイントによる症例問題(静止画!!)と一般的な処置の動画を見ることができます。

買う価値はありません。


https://ops.tama.blue/

10.7.4/7:58 PM

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする