Count per Day
  • 22018/4/15からの閲覧数:

ツーウェイチューブ挿入後における頭位変換とリーク率の変化



]]>ツーウェイチューブ挿入後における頭位変換とリーク率の変化

OPSホーム>投稿・報告一覧>ツーウェイチューブ挿入後における頭位変換とリーク率の変化

AEMLデータページから引っ越してきました

HTMLにまとめて下さいました粥川正彦氏に感謝いたします


原著・投稿

ツーウェイチューブ挿入後における頭位変換とリーク率の変化

北海道・留萌消防組合消防本部
   梅澤卓也・中路和也・三好正志・柴崎武則・中黒康二・大川寿幸:著者連結先:〒077北海道留萌市高砂町3−6−11
留萌市立総合病院麻酔科
   玉川 進
留萌市立総合病院院長
   西條 登

 1 はじめに

 ツーウェイチューブのリークを防止するためには咽頭カフ容量を増加させる1~2)、頭位変換をする1)等の報告があり、それでも良好な換気が維持できない場合にはラリンゲアルマスク等に挿入し直す3)等の方法がとられる。今回我々は頭位を変換することによってリーク率がどう変化するか検討したので報告する。2 対象と方法 この臨床研究2・4・5)は、留萌市立総合病院において救急救命士の就業後病院研修(生涯教育)時に行われ、医師が医療行為を、救急救命士が計測他を行った。

 頭頚部に異常を認めず、全身麻酔下での手 術が予定された16名の患者を無作為に2群に 分け、ツーウェイチューブ標準タイプ挿入症 例8例、SAタイプ挿入症例8例を対象とし た(表)。 

表1拡大

患者には、医師が本研究の目的と危険性を 十分説明し同意を得た。

 仰臥位で全身麻酔を導入し、筋弛緩を得た後、ツーウェイチューブを挿入した。胸部聴診により換気を確認、さらに透視によってチューブが適切な位置にあることを確認し、ノースアメリカンドレーゲル社製麻酔器付属の従量式麻酔機にて調節呼吸を行った。

 手術が開始され、循環動態が落ちついたところで測定を開始した。

 いったん咽頭カフの空気をすべて抜き、その後咽頭カフに標準群では100ml、SA群では85mlの空気を注入した。中立位・前屈位・後屈位の順で頭位変換し、それぞれの頭位での吸気量、呼気量、気道内庄、咽頭カフ内庄を測定するとともに、透視によって咽頭カフの状態を観察した。リーク率は吸気量に対する呼気量の商を百分率で表した。気道内庄、吸気量、呼気量の測定はオメダ社呼気ガスモニタ5250RGMを、咽頭カフ内圧測定は血圧計を使用した。

 統計処理にはStudent’stestを用い、P<0.05以下を有意差ありとした。

3 調査結果 標準タイプ群ならびにSAタイプ群 ともに前屈位に 比べ後屈位ではリーク率が 有意に少なかった(図1)。

図1拡大

咽頭カフ内庄でも前屈位に 比べ後屈位で内圧が有意に 低く(図2)、

図2拡大

これは気道 内圧でも同様であった(図 3)。

図3拡大

X線透視による観察 では、頭位を中立位(写真 1)から

写真1拡大

前屈位(写真2) にすることにより

写真2拡大

咽頭カフ が四角く変形し小さくなる とともに舌骨を喉頭に向か って押し下げることが観察 された。

4 考察 鈴木ら1)は中立位から後屈位に頭部ポジションを変換するとエアリークが増大するので、中立位がよいとしている。しかし、これは1症例のみの検討である。

 我々は2種類のチューブを用い、16例において頭位変換とリーク率の変化を調査したところ、両チューブともに後屈位でリーク率が最も少ないという結果が出た。

 これは挿入後の頭位変換によるツーウェイチューブの咽頭カフ内圧とチューブ内圧の変化がそれぞれ密接に関連しているものと考えられる。

 咽頭カフ内圧は標準タイプ、SAタイプともに後屈位で低く、前屈位で高くなっている。これは、後屈位をとることによって舌根が持ち上げられ、上気道内脛が広がり、その結果として咽頭カフへの圧迫が低下すると考えられ、前屈位にすると逆の現象が起こると考える。

 X線透視では正中位(写真1)と比べて、前屈位(写真2)ではカフの変形と舌骨の咽頭側への偏位が認められる。

 以上のことから、頭部ポジションを前屈位にすることにより咽頭カフが圧迫され、カフが口腔内から喉頭側へ落ち込むと同時に舌骨を押し下げ喉頭入口部を狭窄させ、行き場を失った送気がリークとなっていると考える。

 気道内圧が前屈位で最も高いのは、喉頭入口部の狭窄の結果であろう。

5 結論 ツーウェイチューブ挿入後の頭部ポジションについては、リーク率を低下させる観点から後屈位が望ましい。【文 献】
1)鈴木孝,須藤和則,贋田幸次郎,他:コンビチューブによる人工呼吸管理例.プレ・ホスピタル・ケア1994;7(2):39−44.
2)中路和也,梅澤卓也,三好正志,他:ツーウェイチューブ挿入に関する臨床研究.プレ・ホスピタル・ケア1997;10(2):37−42.
3)中路和也,梅澤卓也,三好正志,他:ツーウェイチューブ挿入困難の1例一その原因と対応策について−.プレ・ホスピタル・ケア1997;10(1):45−46.
4)梅澤卓也,中路和也,三好正志,他:ツーウェイチューブ挿入における咽頭カフ容量とリーク率の変化.プレ・ホスピタル・ケア1996;9(4):51-53.
5)柴崎武則,梅澤卓也,中路和也,他:留萌消防組合における救急救命士の就業前教育と生涯実習.北海道救急医学会第7回救急隊員部会研修会抄録集1996.


OPSホーム>投稿・報告 一覧>ツーウェイチューブ挿入後における頭位変換とリーク率の変化


https://ops.tama.blue/

06.10.28/3:58 PM





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする